FC2 managemented FC2 managemented
<<オススメ。癒されるかも。感動するかも。 | 下駄箱からこんにちは | ご無沙汰でした・・・。>>

この記事のコメント

ルキアさん・・・

うえ~ん(≧□≦)
しんどかったです・・・。

はい、ご心配ありがとうございます。
だいじょぶです、絶対に言いません。

でも、バレているかもしれません。
ダーリンは結構そゆトコ敏感なので。

うん、でも自分が悪いのだから、
バレてダーリンに愛想尽かされても
しょうがないと諦めると思います。
2006-03-19 Sun 22:02 | URL | 五百円玉貯金 #zkGGTJOo[ 内容変更]
うん、うん、、、
シンドかったよね~ヨシヨシv-238
彼氏には、言うなよ~~~~~(老婆心だが^^;)
2006-03-19 Sun 21:54 | URL | ルキア #r6uSoc5A[ 内容変更]
犬ママさんへ♪

ありがとうございます(泣)。。。
犬ママさんのお言葉、胸に染みました。本当に、ダーリンに対してひどいことしてしまいました・・・。

今回のこと、犬ママさんがおっしゃるとーり、ホント、勉強になりました。とっても。

そもそも、「コイツにだけは要注意だ」って思っていたのに、恋すると見えなくなっちゃたんですよね、やっぱ「恋は盲目」っていうだけありますね(苦笑)

素敵な文章をありがとうござます。
読ませてもらって思ったのは、
ダーリンは、やっぱ、もう
「恋」がとれて「愛」なんじゃないかな、ということでした。
一緒にいて、ドキドキすることとか、トキメキも無いけど、そこにはきっと愛があるのだと思います。

友人にね、「どっちか選べない、っていうんなら、じゃあ、どちらかと一生会えなくなる、って言ったらどっち?」って訊かれて、やっぱ私は、「彼氏」と答えていました。
2006-03-19 Sun 18:00 | URL | 五百円玉貯金 #zkGGTJOo[ 内容変更]
ひなさんへ♪

コメントありがとうございます♪
罪悪感を感じる、ということは
ちゃんとした人間の証拠だと、私は思います。でも、ちゃんと別れてあげたから、元カレさんには別にそう思う必要はないと思います。二股じゃないから。ひなさんも、今の彼氏さんとお幸せに♪

そう、私が好きになったヤツも、
もっと私のことをちゃんと好きって確証があったのなら、話は変わってたかもしれません。。。
ま、勉強になりました。

はい、ひなさんのおっしゃるとーり、
ダーリンを大切にします。
今改めてそう思いました。
ありがとうございます。
2006-03-19 Sun 17:51 | URL | 五百円玉貯金 #zkGGTJOo[ 内容変更]
五百円玉貯金さん、こんにちは。

今回の事は、嫌な思いをしちゃったけれども、
彼氏はいるけど、まだ結婚する前の体験だったので、
「嫌な思いをしたけれど、1つ勉強になったな」と、
そう思って割り切って考えてしまっても良いと思います。

しかし、その男・・・女慣した嫌な野郎ですねー。
まさに女の敵です!! ムカつきました。

お話変わりますが、こんな話を本で読んだことがあります。

人間は、誰でもたくさん「恋」をする。
その「恋」が、「恋愛」に変わるのはまれで、
「恋」のままで終わることのほうが多い。
そうやって人は学んでゆく。

その中で本当の「恋愛」に変わったものは、
結婚してやがて、「恋」が消えて「愛」に変わるのです。

だそうです。五百円玉貯金さんは今回
「恋」をしちゃったのかもしれないけど、
それは、人間誰しも良くあることなので、
あんまり自分を責めないでネ。
だって、「恋」だもん、「恋愛」とは違うんだもんネ。

一歩、一歩 ゆっくりと大人になればそれでいいんですよ。
私は、そう思います。
2006-03-19 Sun 15:13 | URL | 犬ママ #-[ 内容変更]
初めまして^-^
履歴をたどって来ちゃいました☆

私もちょっと似てることが昔ありました。
彼氏がいること知ってるのに男友達と遊んで「ヤダ」って何回か言ったんだけど結局キスまでしてしまい、後で彼氏に罪悪感を感じて・・・苦しみました。。。
その人と最終的には付き合って、今の彼氏です。
今もすっごく元カレには悪い気持ちで・・・><

でも五百円さんは今の彼氏と別れない。って強い意志があるし、これからもっと彼氏さんを大切にしてあげてください。
2006-03-19 Sun 14:53 | URL | ひな #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 下駄箱からこんにちは |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。